更新情報

ホーム » 社窓

社窓

3月の駒ヶ岳


3月の駒ヶ岳

3月になり、花粉の飛散なども活発になってきたのか、山々が霞んで見えるようになってきました。

撮影前に降雪があったので、写真の中央アルプスの雪は若干多いですが、全体的には少ないように感じます。

今年は、これまで雪かきするほどの降雪は1、2回ほどしか無く、穏やかな冬となりました。

 

さて、平成30年度も残り僅かとなりました。

4月1日に新元号が発表されるため、来年度は新たな元号でのスタートとなります。

今は新年度を平成31年度といっていますが、4月からは新年号元年度となるのでしょうか。

平成年度のラストスパートです。

 

[南アルプス]

20190315minami_P.jpg

2月の駒ヶ岳


2月の駒ヶ岳

こちらでは、1月も終わりになってようやく今シーズン最初の本格的な降雪となりました。

ちょっとした降雪はありましたが積もるような雪は初めてで、今シーズン初めて雪かきをしました。

とはいえ、中央アルプスの積雪も1月からあまり変わっていないようで、昨年と比べても少ないことがわかります。

 

さて、2月4日は二十四節気の最初となる立春です。

昔は生活上においては春が一年の始まりと考えられており、立春は言ってみればスタートにあたります。

ですので、「春」の響きから春が来たものと考えたくなりますが、

どちらかと言えば最も寒い時が過ぎ、これから徐々に暖かくなって春に向かうスタートだと考える方が良いようです。

まだまだ、寒い日が続きます。

 

[南アルプス]

20190202minami_P.jpg

1月の駒ケ岳


1月の駒ケ岳

新年あけましておめでとうございます。

皆様にとって佳き年となりますようお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

本年の干支は亥(猪)。

中国など他の国の多くでは“亥”はブタをを指すそうです。

これは、日本ではもともとブタを飼う習慣がなく、イノシシが狩猟の対象となっていたことに由来するそうです。

 

この“亥”という字、

元来は「草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態」を表わしていたそうです。

新たな芽吹きを迎えられるよう、しっかり力をつけていく1年にできたらと思います。

 

[南アルプス]

20190107minami_P.jpg

12月の駒ヶ岳


12月の駒ヶ岳

今年の冬はかなりゆっくり。

中央アルプスの積雪も例年と比べてもかなり少ない様子です。

それでも遅かれ早かれ本格的に冬はやってくるでしょう。

 

さて、いよいよ平成30年も残すところ僅かとなってきました。

平成最後の年末は、

"終わりよければ全てよし"

となるようにしたいと思うところです。

 

[南アルプス]

20181208minami_P.jpg

11月の駒ヶ岳


11月の駒ヶ岳

1か月前には、まだ台風が通過し、30度近い気温の日もあったはずが、

10月15日には中央アルプで初冠雪。一気に麓まで紅葉が進んで、今が見頃となっています。

ハロウィンが終わり、平成最後の年賀状が発売開始となりました。

紅葉と同様に、一気に年末へと進んでいると感じるところです。

 

[南アルプス]

20181101_minamiP.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ