更新情報

ホーム » 社窓

社窓

5月の駒ヶ岳


5月の駒ヶ岳

中央アルプスの雪形も少しずつ現れ始めました。

田んぼにも水が入り始め、

信州も桜から新緑の季節へと移り変わってきます。

 

[南アルプス]

20140502minami.jpg

桜満開


桜満開

会社の前にある公園の桜が、今年は4月15日に満開になりました。

昨年より1週間ほど遅いでしょうか。

20140415sakura3.jpg 20140415sakura2.jpg

 

桜が咲くとついつい目が上にいってしまいますが、

地面でも色鮮やかになってきました。目にも楽しい季節です。

20140415sakura5.jpg20140415sakura4.jpg

4月の駒ヶ岳


4月の駒ヶ岳

新年度がスタートしました。

今年の4月の大きな変化と言えば、消費税率の5%から8%への増税。

この3%。塵も積もればではないですが、結構大きいです。

春なのに、懐はますます寒くなっています(^_^;)

 

さて、今年の冬は記録的な大雪もあり、厳しい冬でした。

そのためなのか、桜の便りがなかなか聞こえてこない気がします。

特別何かがあるわけではないのですが、春は桜が咲くのが待ち遠しいです。

 

[南アルプス]

20140401minami.jpg

3月の駒ケ岳


3月の駒ケ岳

いよいよ春間近の弥生。

 

先月は、記録的な大雪に見舞われました。

今月の社窓の写真をよくよく見ると、

大雪の影響でしょうか、千畳敷カールで雪崩が起こっています。

わかりますか?

 

それでも、街のあちこち山のようになっていた雪の山は随分小さくなりました。

梅や桜の便りももうすぐ聞こえてきそうですね。

 

[南アルプス]

20140304minami.jpg

2月の駒ヶ岳


2月の駒ケ岳

2月。まだまだ寒い日が続きます.

さて、なぜ他の月は30日や31日まであるのに、なぜ2月だけ28日までしかないのだろうか?

インターネットを駆使して調べてみました(^_^;)

その中の1説です。

 

その1 その昔、一年365日は3月から始まって2月で終わることになっていた。

その2 奇数月を31日、偶数月を30日とするが、

一年は365日であるため、年末の2月から1日を引いて29日としていた。

その3 その後1年の始まりが3月から1月に変わる。

その4 ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの時に、

「自分の生まれた月が他の月より日数が少ないのは気に入らない」ということで

8月(August)が31日となる。

その5 31日の月が続くので9月以降を、30日、31日、30日、31日と入れ替えれる。

その6 1日不足する分を、昔の名残で2月から拝借して28日となった。

 

ただ、この説もあくまで諸説あるうちの一つ。

皇帝のくだり以降は後から付けられてもので、それ以前にすでに28日であったという説も・・・・・・。

 

ともあれ、年度末の1日は貴重です。


[南アルプス]
20140201minami.jpg

 

« 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

ページトップへ