更新情報

ホーム » 社窓 » 7月の駒ケ岳

7月の駒ケ岳


7月の駒ケ岳

西日本各地においては、未曽有の豪雨災害に見舞われました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

伊那谷においても、梅雨明けは6月29日ごろと言われていましたが、その後に雨が断続的に降りました。

全体的に湿度が高く、ほとんど中央アルプスも雲がかかったり"もや"がかかったようだったり、なかなかハッキリ見えていません。

 

2014年広島土砂災害、2015年関東・東北豪雨、2017年九州北部豪雨災害、そして今回の平成30年7月豪雨と大きな災害が続いています。

こうしてみると、50年、100年に一度の大雨と言われるものが毎年どこかで起きているわけで、決して他人ごとでは無いと感じています。

「まさか自分の住んでいるところで・・・」ということは決してなく、こうした災害が何処でも起こりうるものであると、常に備えていなければと改めて思います。

 

[南アルプス]

20180715Minami_P.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://k-zensin.co.jp/mt/mt-tb.cgi/633

コメントする

ページトップへ