事業内容 日々新たな技術の向上と新技術、新分野へ挑戦し続けていきます。

HOME » 事業内容 » 環境調査 » 動植物調査

動植物調査

猛禽類調査

希少な猛禽類の生息状況調査、営巣地の確認調査などを実施し、得られたデータをもとに保護対策の提案を行います。

調査結果の評価や保護対策の検討については専門的な知識や見識が求められるため、学識経験者や専門家を交え、評価・検討を行っています。

主な業務実績

・平成20年度 広域営農団地農道整備事業環境影響調査業務

・平成19年度 県営林道千遠線調査業務

・平成18年度 国補火山砂防事業に伴う環境調査業務

鳥類調査

所定の道を歩き、その間に出現した鳥の種別・固体数等を記録する方法(ラインセンサス)を用います。識別には、豊富な野外経験が不可欠であり、一瞬の間に飛翔する姿や泣き声から的確に判断します。

主な業務実績

・平成21年度 県営ため池等整備事業蓼の海地区鳥類調査業務

魚類(魚介類)調査

河川、湖、ダム湖などを対象に調査を行っています。捕獲方法は、タモ網、サデ網、投網、刺網など、対象種に応じた方法により実施します。

主な業務実績

・平成16年度 県単河川調査・河川改修事業に伴う調査業務

植物調査

地域計画、モニタリング、植物種の保全などの目的に応じて、植物相、植物種の分布・生息状況、植物群落の構造・分布・立地条件などの調査を行います。

調査方法は目的に応じて、植物相(フロラ)調査、植生分布調査(コドラートによる組成調査)等を実施します。

主な業務実績

・平成18年度 農業用水再編対策三水地区芋川用水生態系調査業務

※平成19年度長野県優良技術者表彰

H19長野県優良表彰.jpg

その他生物調査

哺乳類、爬虫類、両生類、昆虫類、底生動物について目的に応じた調査を実施しています。

主な業務実績

・平成18年度 農業用水再編対策三水地区芋川用水生態系調査業務


  • 猛禽類調査

  • 鳥類調査

  • 魚類調査

  • ゲンジ蛍調査
ページトップへ