事業内容 日々新たな技術の向上と新技術、新分野へ挑戦し続けていきます。

HOME » 事業内容 » 測量

測量

地表状況を高精度に計測する信頼と?い技術力

基準点測量

 

国土地理院が設置した電子基準点や三角点などに基づき各種測量の基準となる点の位置および標高を求め、新たな基準点を設置する作業です。

GPSとトータルステーションにより観測を行います。

水準測量

 

国土地理院が設置した国家水準点に基づき、各種測量の基準となる点の標高を求める作業です。

レベルと標尺を使い、2点間の標高差を求めます。

地形測量

 

事業計画・設計、調査、解析等の目的に応じて、地上物の形状、位置、標高を観測し、その結果から一定の縮尺と図式を用いて地形図を作成する作業です。

路線測量

 

線状構造物(道路、河川、水路等)建設のための調査、解析、計画、実施設計に必要となる資料および図面を作成するまでの作業です。

河川測量

 

洪水などによる災害発生の防止のための調査や、河川の適正利用、流水の正常な機能といった治水および利水の総合的な管理に必要な資料を得るための測量です。

用地測量

 

公図・既存測量図等をもとに、地番ごとの境界点を現地で確認し、地番ごとの面積を算出するとともに、用地取得等に必要な資料および図面を作成する作業です。

確定測量

 

土地の区域、境界および位置が確定した後に、基準点および水準点から位置、高さを観測して位置の確定、面積の確定、高さの確定を行い確定図を作成する作業です。

地理空間情報

 

道路台帳、砂防設備台帳、砂防指定地台帳、既往砂防施設台帳、水道台帳、下水道台帳、地震計台帳等、各種台帳整備を行います。

近年では、高度情報化、GIS関連技術の進展に伴い、施設台帳の電子化により施設情報を簡便でかつ分かりやすくとりまとめるサービスもご提供しています。

三次元写真計測

 

デジタルカメラにより撮影した対象を三次元の情報として取得する計測技術です。地形測量、災害調査、崩落危険箇所調査、土量計測、クラック壁面計測、遺跡調査、工業計測等幅広い分野で活用されています。

ページトップへ