ゼンシンの日々diary

4月新生活

ゼンシンの日々

4月は新しい生活を始める人も多いかと思います。私もこの一年で大きく生活が変わりました。刺激があって良いなと思います。以前仕事や私生活で見ていた風景は次のような感じでした。

東京です。ビル群の中に緑地がありました。写真の緑地は全体で8000㎡ほどでこれだけの面積があると管理も大変ですが、 植栽のメンテは毎年あるので仕事になります。しかし、そうなると所有されるのも大変な気がします。それでも東京には緑地がたくさんありました。

今見ている風景です。写真は自宅の周辺ですが、どこへ行っても山が存在感があります。砂防関係の仕事も多い印象です。

自然も春の到来で変化を見せています。街を見ると、駒ヶ根周辺は花木としてシャクナゲを非常によく見ます。シャクナゲの像や絵なども道を走っていて見かけます。もう少しできれいな花を咲かせるはずで楽しみです。今は見上げればサクラ・ウメ・アンズハクモクレン・コブシ・サンシュユなど、見下ろせばスイセン・ シバザクラ・ ムスカリ・スミレ・アブラナ、その他にも数えきれないほど花が咲いていて華やいでいます。個人的にはハクモクレンが大変きれいだと感じています。

生活環境の変化の結果の一つとして、田んぼや川辺の雑草が気軽に観察できるために、いくらか雑草の名前を覚えました。この一年も変化と刺激を励みに頑張りたいと思います。

Page Top