社窓window

               

9月の駒ケ岳

社窓


9月の駒ケ岳
猛暑の盛夏が過ぎ、残暑厳しい晩夏へと移ってきました。
とはいうものの、

朝晩はめっきり気温も下がり、秋の気配も感じられるようになりました。

9月1日の防災の日に合わせて、各地区で防災訓練が行われたことと思います。
また、8日から9日かけて首都圏を台風15号が直撃し、大きな被害をもたらしています。

改めて防災への備えの大切さを強く感じています。
皆さんの備えは万全ですか?

[南アルプス]

8月の駒ケ岳

社窓

8月の駒ケ岳

梅雨が明けて、いよいよ夏本番。

一気に酷暑がやってきた感じがしています。

梅雨の間見られなかった中央アルプスもすっかり夏山の装いです。

急に暑くなったことで身体が暑さに慣れておらず、

熱中症になるリスクも大きくなっているようです。

体調に十分気を付けてこの夏も乗り切っていきましょう。

[南アルプス]

20190807minmamiA.jpg

7月の駒ヶ岳

社窓
7月の駒ヶ岳

梅雨入りしてからはほとんど顔を出さない両アルプスです(>_<)。昨年はかなりの猛暑となりましたが、今年はここまで、西日本は遅い梅雨入り、東日本は寒い7月となっているようで、農作物の生育にも一部で影響が出ているようです。これから梅雨明けを迎え、どんな夏となるのなるでしょうか。兎にも角にも、熱中症などに十分注意していきましょう。

南アルプス

6月の駒ケ岳

社窓

梅雨入り直前のアルプスの姿です。

今年は、6月7日頃梅雨入りということで、ほぼ平年並みとなりました。

 

さて、令和となり1ヶ月。

平成から変わってどうなるかと心配する声もありましたが、

変わってみれば違和感なく令和を使っている気がします。

皆さんはいかがでしょうか?

 

[南アルプス]

20190606mimami_P.jpg

5月の駒ヶ岳

社窓

いよいよ平成から令和へと新しい年号がスタートしました。
過去に例のない10連休であった方、10連休でいつもより忙しかった方、通常通りであった方、
新しい年号をどのように迎えられたでしょうか。

昭和から平成の時と大きく違っているのは、今回は祝賀ムードであること。
新年を迎えたようなイベントや企画が様々なところで行われており、
新しく、明るいスタートを感じることができました。
令和がより良い、平和な時代となることを祈ります。

とは言え、
書類や業務名などいろいろなところで平成が残っており、
まだまだ令和に慣れない感じがしています。


[南アルプス]
20190513minamiA.jpg

桜満開

社窓

会社の前にある公園の桜が満開となりました。

4月10日には季節外れの大雪となりましたが、

今年は概ね平年並みの満開となりました。

20190416_3.jpg

20190416_2.jpg 20190416_4.jpg

4月の駒ヶ岳

社窓

新年度のスタートです。

5月1日からの新元号も「令和」と発表されました。

これで、平成31年度と呼ぶのも今月だけとなるのでしょうか?

いよいよ平成から新しい時代となる日が近づいたことを感じるようになりました。

 

さて、今回元号に使われることとなった「令」の字。

今までは何気なく使ってきましたが、下の部分は「マ」なのか、「令」のように書くのか・・・。

結論は、字体によるものでどちらでも良いとのこと。

これから書く機会が増えると思いますが、皆さんはどちらで書きますか?

 

[南アルプス]

20190404minami_p.jpg

3月の駒ヶ岳

社窓

3月になり、花粉の飛散なども活発になってきたのか、山々が霞んで見えるようになってきました。

撮影前に降雪があったので、写真の中央アルプスの雪は若干多いですが、全体的には少ないように感じます。

今年は、これまで雪かきするほどの降雪は1、2回ほどしか無く、穏やかな冬となりました。

 

さて、平成30年度も残り僅かとなりました。

4月1日に新元号が発表されるため、来年度は新たな元号でのスタートとなります。

今は新年度を平成31年度といっていますが、4月からは新年号元年度となるのでしょうか。

平成年度のラストスパートです。

 

[南アルプス]

20190315minami_P.jpg

2月の駒ヶ岳

社窓

こちらでは、1月も終わりになってようやく今シーズン最初の本格的な降雪となりました。

ちょっとした降雪はありましたが積もるような雪は初めてで、今シーズン初めて雪かきをしました。

とはいえ、中央アルプスの積雪も1月からあまり変わっていないようで、昨年と比べても少ないことがわかります。

 

さて、2月4日は二十四節気の最初となる立春です。

昔は生活上においては春が一年の始まりと考えられており、立春は言ってみればスタートにあたります。

ですので、「春」の響きから春が来たものと考えたくなりますが、

どちらかと言えば最も寒い時が過ぎ、これから徐々に暖かくなって春に向かうスタートだと考える方が良いようです。

まだまだ、寒い日が続きます。

 

[南アルプス]

20190202minami_P.jpg

1月の駒ケ岳

社窓

新年あけましておめでとうございます。

皆様にとって佳き年となりますようお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

本年の干支は亥(猪)。

中国など他の国の多くでは“亥”はブタをを指すそうです。

これは、日本ではもともとブタを飼う習慣がなく、イノシシが狩猟の対象となっていたことに由来するそうです。

 

この“亥”という字、

元来は「草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態」を表わしていたそうです。

新たな芽吹きを迎えられるよう、しっかり力をつけていく1年にできたらと思います。

 

[南アルプス]

20190107minami_P.jpg

Page Top